BLOGブログ

2020年09月16日

食欲と戦わない方法

ブログ


 

もうすぐ食欲の秋ですね。


美味しいものがたくさんでてきますね。


ダイエットにはキツい時期というようにもとれます。


 

しかし、今回は、食欲を我慢するほどダイエットが失敗しやすいということをお伝えしたいと思います。


 

食べたいものを我慢して我慢して、我慢しきれなくなったときにどか食いしてしまうと意味がありません。いくら最初に体重が減ったとしても、その体重が戻ってしまったら本末転倒です。我慢して我慢しきれなくなって我慢してを繰り返すことを、俗に、ヨーヨーダイエットといいいます。


 

そうならないためには、我慢は禁物です。


といっても、ハイカロリーのものを好きなだけ食べることとはちょっと違います。我慢の末のどか食いをしないためには、どうすれば良いのでしょうか。その方法をご紹介いたします。


 

方法


食欲と戦わずダイエットを行う方法は、そこまでむずかしいことではありません。


すぐに取りかかれるものばかりです。


 

たった4つ実践していただきたいことがあります。


 

①制限しすぎない


②お腹が空く前に低カロリーのものを摂取する


③ヘルシーをすぐに食べれるよ様に用意しておく


④ヘルシーを美味しいにする


 

一つずつ解説していきます。


 

①制限をしすぎない




 

これを食べてはだめ、これも食べてはだめ、という生活を送っていると頭の中は逆に食べてはいけないものだらけになってしまいます。ハイカロリーなアイスクリーム、チョコレート、クッキー、ポテチなどを絶対に食べてはいけないものという様に設定することで、無性に食べたくなってしまいます。しかもそれらを食べれない生活をすることで、自分はかわいそうな人生を送っていると思ってしまいがちです。


つまり、維持できない食生活は最初からする必要はないのです。


食べたいものを全く食べれないのは、どか食いを招いてしまっているのです。


まさにヨーヨーダイエットになってしまいます。自分が耐えられなくて、かわいそうと感じるほど制限をするのは避けましょう。


 

お腹が空く前に低カロリーのものを摂取する




 

食事を制限すると、高カロリーのものを摂取したくなります。


これは、お腹がすいてエネルギーが少なくなっているときに、もっともエネルギーのあるもの選んでしまうという仕組みです。


なので、お腹が空いてしまう前に、低カロリーで未加工な食品を摂取しましょう。例えば、タンパク質だったらチキン、ターキー、魚、卵などを選びましょう。その他にも野菜やフルーツなんかも、食物繊維が豊富で低カロリーでお腹を満たしてくれる最高な選択です。


キーポイントは、お腹が空きすぎる前にということです。


お腹が空いたら、さきほど紹介した低カロリー&未加工な食品を積極的に摂取しましょう。それでもなお、高カロリーな食べ物を食べたい様であればとっていただいても構いません。おそらく、お腹がいっぱいで、多く食べれなくなっている状態になっていると思います。せめて、どか食いは避けられます。


 

 

③ヘルシーをすぐに食べれる様に用意しておく




 

さきほど、②で紹介した食べ物を一から用意するのは正直手間がかかります。


そうすると、ほとんど袋を開けるだけという単純作業の高カロリー食品に手を差し伸べてしまいます。


 

なので、なるべく早くヘルシーな食品にたどり着けるようにする方法を2つ紹介します。


 

・冷凍野菜を常備しておく


・野菜&フルーツのスムージーを作る


 

上の、冷凍野菜を炒める/チンするのであれば、10分以下で調理時間を抑えられます。


下の、野菜とフルーツをブレンダーにいれてスムージーをつくるのも2分ぐらいでできます。


 

スムージーの作り方の例は、


2カップ(葉物野菜:ケール、ほうれん草、小松菜など)


1カップ(フルーツ:ミックスベリーなど)


を水と合わせてブレンダーに入れるだけです。


(ジューサーだと食物繊維を失ってしまうので、おすすめできません)


 

この様にして、ヘルシーな食事を素早く用意できることが重要です。


大きなサラダを作り置きしておくのもいいかもしれませんね。


 

逆に、極力食べたくないものは、手間をかけないと摂取できない状態にしましょう。例えば、お菓子などはそもそも家に置いておかなず、コンビニ買いに行かなければいけない状態つくりましょう。もしお菓子が既に家にある様であれば、とるのが難しいところに置いておくなどです。こうすることだけでも、普段の選択が変わってきます。


 

④ヘルシーを美味しいにする




 

ヘルシーな食べ物を選択しているからと言って、味気ないものを食べているわけではありません。良薬口に苦し、という様なマインドセットは一旦捨てましょう。


やはり、口にしているものを楽しめるというところが最重要な点となってきます。自分が楽しめる、ヘルシーなものを見つけていきましょう。もし野菜が味気なく感じるようであれば、美味しいドレッシングや味付けをしましょう。もちろんかける量は自分の裁量でお願いします。


糖質を避けすぎるのも、どか食いしてしまうのにつながってしまいます。


お菓子や清涼飲料水に入っている砂糖などは極力避けたいのですが、お好きであればパスタやお米も食べていただいても結構です。それよりかは玄米、じゃがいも、さつまいもの方が一応お勧めではあります。重要な点は、食事を楽しめることです。


 

 

まとめ


以上が、食欲と戦わずに、どか食いを避ける方法でした。


①制限しすぎない


・維持できない食事はしない


・自分がかわいそうと思う食事はしない


②お腹が空く前に低カロリーのものを摂取する


・タンパク質:チキン、ターキー、魚


・野菜やフルーツの摂取


・お腹が空きすぎて、高カロリーのものに手を差し伸べそうになる前に実践してみよう


③すぐに用意できるように工夫する


・②を実行しやすくする


・冷凍野菜の常備、野菜&フルーツスムージー、大きなサラダを用意


④ヘルシーを美味しいにする


・好きなヘルシーな食べ物をみつける


・野菜などの美味しい食べ方をみつける(味付けなども)


・炭水化物も砂糖とか意外ならしっかりととる


 

というような内容でした。


食欲がダイエットの最大の敵です。


食欲と戦っては負けなのです。食欲は受け入れてあげて、正しい処置をしましょう。

 

自分の食欲を維持しながら健康的に食べていけるように、食事を変えていきましょう!


ご愛読頂きありがとうございました。


 

-廣田

Functional trainig gym NEXUS

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

080-9980-2327